リーメント★おばあちゃん家〜おばあちゃんの知恵と昭和の台所~

世界で一番、硬い食べものと言われる鰹節(かつおぶし)。
そして、ミニチュア界では(おそらく)初めて「つけもの石」が入った、ぷちサンプル、おばあちゃん家。頑丈なまな板、使いこんだ鍋や包丁に、優しかったおばあちゃんを想う、ノスタルジックな内容です。
ミニブックまで飽きさせない丁寧さと、フィギュアの精巧さで圧倒されます。
昭和はもう遠く、平成も、もうすぐ終わってしまうというのに、使いこんだ鍋底やタライ、氷まくらが懐かしくて、目がシバシバして、なんだか泣けてくるのです。

★おばあちゃん家

2008年発売のおばあちゃん家。リクエストがあったので撮ってみました。
懐かしい昭和の台所を丁寧に再現

f:id:chipmunksmau:20190208233218j:plain

★ホクホクぶり大根

大根に包丁が見事にフィット。
上半身に体重をかけて固いものを切るため、
昔のまな板は頑丈で脚付き。

f:id:chipmunksmau:20190208233853j:plain

★おばあちゃんのやさしいお粥

取っ手と注ぎ口がある、ふた付きの土鍋、ゆきひら鍋。
注ぎ口から重湯が取れます(ミニブックより)。

f:id:chipmunksmau:20190208233938j:plain


 

★おばあちゃんの味

自然の力で保存食。
おばあちゃんの手にかかれば、白菜も大根も柿も梅も、こんなに長持ち。
これは食べられる芸術だ!( `・∀・´)

f:id:chipmunksmau:20190208234305j:plain

干し柿の遊び方~

こまかい…。

f:id:chipmunksmau:20190208234335j:plain

★おひつとおこげ

炊飯ジャーが出回る前は、炊いたごはんはおひつに移していました。
釜の中のごはんをひっくり返すと、こんなお焦げができるよ。

f:id:chipmunksmau:20190208234358j:plain

★小箱とミニブック

それぞれにおばあちゃんのお話つき。
読んでいると、なるほどと思うし泣けてくる(´;д;`)ブワッ

f:id:chipmunksmau:20190208234501j:plain

どこにもなかったものはここにあるかも
一番上の検索スペースに、お探しの商品名を入れてみて下さい。
全商品(新品・中古)の中から、いろいろ探せます。
1500円以上で送料無料。
   ↓ ↓ ↓
ぷちサンプル特集

これから発売されるリーメントはこちら
リーメント | 予約 | 通販ショップの駿河屋

★チャボ

ふつうにニワトリじゃないところがいい。
実はチャボって天然記念物。

f:id:chipmunksmau:20190208234905j:plain

★火鉢

火鉢の中はこんな風になっています。
これなら鉄瓶がおけるわけです。
画像にはありませんが、火箸が付いています。

f:id:chipmunksmau:20190208234918j:plain

★たらいとお鍋

でこぼこしたお鍋やタライを忠実に再現。
質感がリアルだから、写真だとミニチュアに見えない。

f:id:chipmunksmau:20190208234939j:plain

最新作から数十年前の作品まで!なんでも買い取ります!

 お売りください。駿河屋です。

★解決丸

沈んだ気分を解決してくれる薬。
「ふたを開け、日頃の悩みを呟いてみてください。そして、すぐにふたを閉じ何くわぬ顔で過ごしてください。何回か繰り返しますと、そのうち晴れ晴れとして気持ちになれるかもしれません。」
と書いてあります(原文のまま)。
ほしい・・・解決丸。

f:id:chipmunksmau:20190208235719j:plain

★コロンダー

これ、歌いたいくらい好き。
痛みをほとんど鳥取県
いったみを ほっとんど とっとりけん!(ノ ゚∀゚)ノ

f:id:chipmunksmau:20190208235753j:plain

★おばあちゃん家全8種

f:id:chipmunksmau:20190208235817j:plain

  1. おいしい釜ごはん
  2. とれたて卵と新鮮野菜
  3. おばあちゃんの味
  4. ホクホクぶり大根
  5. 火鉢でおやつ
  6. 自慢の梅干し
  7. おばあちゃんのやさしいお粥
  8. 手作り三色おはぎ

★大箱

きれいなブルーの大箱です。
付属品として、縁側のジオラマ付きです(←切り取らない)。

f:id:chipmunksmau:20190208235908j:plain

f:id:chipmunksmau:20190208235946j:plain

★ぷちサンプル

おばあちゃん家のはなし
母と開けようと思っていた、おばあちゃん家。
その後すぐ、母が逝ってしまったので、そのままになっていました。長年の保管で、中身はいったいどんなことになっているのやら・・・。開けるのが怖かったです。
おばあちゃん家は、くっつきやべたつきなどなく、大丈夫でした。
ぷちサンプルが内袋の中で、あらかじめ小さな箱に入れてあったり、台紙をそえてあったりして、くっついたり折れたりするのを防ぐ包装になっていました。

瓶や甕、タライやお鍋が、レトロというには、まだどこか身近で、現存しているものも世の中にはあるのに、遠くなつかしく、長く食玩を扱ってきて、開けて泣けたのは初めて。
ミニブックの折れは許容範囲で、フィギュアはいたって長もちしている印象。どれもが愛着のある「作品」のようです。

★お読みいただき、ありがとうございます

f:id:chipmunksmau:20190209000553j:plain

★他の記事はこちらです

kawaiimono.hatenablog.com

kawaiimono.hatenablog.com

kawaiimono.hatenablog.com

kawaiimono.hatenablog.com

kawaiimono.hatenablog.com

kawaiimono.hatenablog.com